人気の日本トラックを買取りして貰う【慎重に業者を選びましょう】

売却するときの書類

トラック

登録内容と異なるとき

不要になったトラックは、そのまま所有していると税金がかかり、無駄な経費を支払わなければいけないので、早急に売却するようにしましょう。中古トラックは古いものであっても、高価で買取をしてくれる業者が存在しているので、古かったり走行距離が多かったり、または一部故障しているようなトラックであっても買取をしてもらえることが多くなっています。中古トラックを売却すると所有権が変わることになるので、様々な書類が必要になります。どんな書類を用意すればよいかは、中古トラックの買い取り業者が明確に示してくれますが、準備が複雑になることもあるので、書類を揃える上での注意点についてまとめていきます。中古トラックを売却するときには、必ず車検証と当年の納税証明書が必要になります。車検証はダッシュボードに入れておくことが多いので、なくしていることはないと思いますが、納税証明書は別に保管していることが多いものです。また、相続などで車検証の表示と所有者が変わっていたり、登録してある住所が変更していないときには、別の書類が必要になります。相続して場合には戸籍謄本が証明になり、住所違いの場合には住民票を証明として使用することができます。中古トラックの売却には、書類にいくつもの印鑑を押す必要があります。個人であれば実印が、法人であれば会社印が必要になるので、印鑑を用意しておくことと3か月以内に取得した印鑑登録証明書が必要になりますので、各市町村の役所や役場で発行しておくようにしてください。